最寄駅
地下鉄烏丸線「四条駅」5番出口に隣接
阪急京都線「烏丸駅」徒歩約3分
ご予約お問い合わせ 075-353-7027

日本糖尿病学会認定糖尿病専門医が
治療にあたります

院長・看護師・
専属の管理栄養士が
丁寧にサポート

当クリニックの
新型コロナウイルス対策

  • スタッフは勿論、患者様にも来院時には皆様検温をお願いしています。
  • 入口に消毒用アルコールを置いています。消毒してから入室して下さい。
  • 現在、待合室の椅子をパーテーションで仕切っています。
  • 診察後には毎回アルコール消毒を行います。
  • 定期的な換気
  • 慢性疾患の方と体調のお悪い方が一緒にならないよう調整
  • 新型コロナウイルス不活化に対する有効性が確認されたとされる深紫外線LEDの光を用いた、空間除菌装置を導入しています。
  • 体調のお悪い方にお待ちいただく場所には換気のできるクリーンパーテーションを置いています。
  • 待合室での「密」の防止のためにも来院時間のご予約をいただき、
    マスクの着用をご協力をお願い致します。

お知らせ

予約は電話またはネット予約可能です。
但し5名以上の団体の申し込みは電話でお願いいたします。

10月17日(月)より65歳以上の方から先行しインフルエンザワクチン接種も開始となります。
11月より15歳以上の接種を開始いたします(18歳までは保護者同伴必要です)。

今年度のインフルエンザワクチン接種(3,500円/税込)の予約申し込みは、10月15日(土曜)以降から接種は10月17日より開始ですが、かかりつけの方(定期的に通院され処方、検査を受けられている方)と前シーズンに集団で接種いただいた企業様以外も新規の方の受付も再開いたします。
あらかじめご理解のほどよろしくお願いいたします。

インフルエンザ予防接種予診票のダウンロードはこちらから >>

新型コロナウイルスワクチン接種3回目、4回目接種に対して オミクロン株対応ワクチン接種が始まります。
9月26日(月)より京都府から順次配送開始となる予定となりました。
当院でもオミクロン株対応ワクチン接種を従来株対応ワクチンから切り替えて接種を予定します。

【接種の対象者】
(1)18歳以上で3回目の接種券お持ちの方
(2)60歳以上で4回目の接種券お持ちの方
(3)18歳以上で重症化リスクのある基礎疾患(喘息、肺気腫等の慢性呼吸器疾患、糖尿病、心臓病、高血圧、腎臓病、免疫抑制剤服用中、血液疾患(鉄欠乏性貧血除く)
、免疫異常等の不明の際は主治医にご相談してください。)お持ちの方を先行し行います。
10月中旬(日時未定です)からは18歳以上の3回目、または4回目の接種券お持ちの方が対象に拡大します。
なお1回目2回目の接種は従来型ワクチンを使用することになっており対応できる接種会場は京都市の新型コロナワクチン接種ポータルサイトでご確認ください。
【ワクチン】
ファイザー社製
【申し込み方法】
は予約制で電話予約のみ、ネット予約では受け付けておりません。
接種可能な日程/時間は
月~土曜日の午前枠 12:30~12:45に6人枠 、
月、火、水、金の 午後枠 15:00~15:30に6人枠
を予定しております。
但し診療の都合によりにより接種対応できない日程も発生しうるため必ず電話での予約をお願いします。(お電話は診療時間内におかけください。)
前日までに発熱、感冒症状等出現する場合はキャンセルのご連絡お願いいたします。

日中の厳しい暑さの中で活動される際、適切な水分補給で熱中症を防ぐことはもちろんですが、普段から血糖値が高い方は、糖分や塩分を多く含む飲料をむやみに飲むことは控えましょう。また、麺類など炭水化物中心の食事や、果物の食べ過ぎといったことにもお気を付けください。
屋外での運動につきましては熱中症予防の観点から中止しておいたほうが安全かと思います。朝の気温が過ごしやすくなったら散歩程度から始められるのは良いと思います。その代わりにこの時期については涼しい屋内で軽いスクワットなどの軽い筋トレをすることで運動不足で落ちてしまった筋力の回復が期待できると思われます。
あくまで年齢や持病の程度にも左右されるため、また血糖値コントロールの注意点は患者様ごとに異なる場合も多くございますので、気になる事があれば当院までお気軽にご相談ください。

現在4回目の新型コロナワクチン接種につきましては、接種券が届いた方に限り予約をさせて頂いております。
当院への通院の有無を問わず接種をできるように、8月の接種枠を順次拡大中です。
お電話のみでの予約となりますのでよろしくお願いいたします。

当院では複合ビル内という立地と患者様の待合をウイルス感染疑われる方と糖尿病等の通院患者様を空間的に分けらないため、感冒症状(発熱なしでも)の患者様の診療をお断りさせていただいております。
予約優先のため直接来院刺されても他院へ受診していただいております。
また同時に新型コロナ感染症のPCR検査、抗原検査、抗体検査の取り扱っておりませんのでご理解のほどよろしくお願い致します。

こちらへお電話下さい。
075-353-7027

当院は、糖尿病をはじめとする慢性疾患の患者様が多く通院されております。
 現在、発熱・咳等の感冒症状はオンラインで診療させていただきますのでご利用下さい。
          CLINICSのこちらサイトへ >>
こちらから3時間前まで予約可能です。

CLINICS/オンライン診療アプリを用いて、糖尿病、高血圧、高コレステロール血症、高尿酸血症、甲状腺疾患等の診察、軽度の風邪症状や花粉症、禁煙外来等にもオンライン診療が対応できるようになりました。但し対面診察と違い、テレビカメラを通じての診察であるため、症状が強い場合は対面診療をお勧め致します。
また急を要する症状については直接お電話でご連絡ください。
ED治療薬 シアリスも(1錠/2000円+自費診察料/郵送料)狭心症などの心疾患がなければ処方可能です。
オンライン診療予約と操作方法についての詳細はCLINICSのこちらサイトへ >>

インスリン治療は糖尿病治療の上で大きな力ですが、使用量が多すぎれば低血糖の頻度は高くなり、体重減量の妨げになる可能性もあり、また経済的負担も大きくなります。
近年では糖尿病薬は種類も増え治療の選択肢が多くなってきました。これにより現在の病状にあった薬の組み合わせを再検討することでインスリン量を減らすが可能になってきております。

当院での取り組みとして、インスリン治療を行われている患者様の負担軽減のため、ご自分で産生するインスリンの量などを測定したり、合併症や併存する他の疾患の程度を検討し、食事療法の最適化と日常取り入れやすい運動療法を再指導して、薬の最適化と合わせて少しでもインスリン減量が可能か?さらに内服薬への変更が可能か患者様とともに治療を進めております。

健診、人間ドックにて血糖値上昇、高脂血症/コレステロール値上昇、尿酸値上昇の指摘を受けられた方へ、動脈硬化/血管年齢や頸動脈超音波検査にて精査をいたします。

健診結果で肥満や血糖値、コレステロール、中性脂肪、血圧で異常を指摘されたり、貧血や甲状腺の腫れを指摘された方に、当院では再検査や精密検査を行い、合併症の進行しないうちに治療に取りかかることをお勧めします。特に生活習慣病は、個別の栄養指導と運動療法で使用するお薬を最小限にとどめることもできます。当院では糖尿病専門医と専属の管理栄養士、また糖尿病療養指導士の資格を有する看護師が個々の患者様一人ひとりにあった個別の食事指導、療養指導をさせております。

2015年7/24から甲状腺機能、各種腫瘍マーカー(CEA、CA19-9、AFP,CA125、Ca15-3、PSA)の測定も混雑状況はありますが採血から最短で約30分で当日報告可能となりました。健診等で甲状腺の腫れや精密検査を指摘された際に採血結果を待ってる間に甲状腺超音波検査とともに一度の来院で結果をご報告できます。ご希望の方には、お電話で空いてるお時間をご案内することも可能です。

2015年4月より採血患者様の待ち時間軽減のため、血液生化学検査機器をさらに追加いたしました。これにより同一時間帯に来院された患者様の検査待ち時間が大幅に短縮可能になりました。

糖尿病性末梢神経障害の診断に末梢神経速度測定機器を京都府下で初導入し、神経障害の早期発見と評価に活用しています。

健診、人間ドックで異常指摘された方、精密検査を指示された方へ、当院では可能な限り院内の迅速検査で再検査を行い精密検査をさせていただきます。特に糖尿病、高脂血症、高尿酸血症、高血圧、肥満などの生活習慣病領域は当日に結果報告可能です。

当クリニックの特長

インスリンからの
卒業を目標

インスリンをやめたい、インスリンを減らしたい、そのような患者様に寄り添いながら、個人に合った治療法を考えます。

精度の高い当日の迅速検査

当クリニックでは血液検査を含む迅速検査が可能です。当日の検査結果をお渡しできるので、雇い入時の健康診断にもご活用いただけます。

チーム医療での糖尿病治療への取り組み

当クリニックでは生活指導を積極的に行っており、糖尿病療養指導師の資格を持つ看護師・管理栄養士のサポート致します。

甲状腺疾患の早期診断・治療

バセドウ病、慢性甲状腺炎(橋本病)のような甲状腺疾患の治療をしています。内分泌疾患、甲状腺疾患の早期発見と治療を行っております。

糖尿病治療方針

  • 糖尿病治療は年単位の長期になります。可能なかぎり少ない薬で合併症の発症・進展を未然に防ぐように努めます。
  • 長期の治療にも変化をつけ「生き詰まった状態」を回避できるように検査や食事療法で体質改善を行います。
  • 検査結果を多角的にとらえ、隠れた他の病気や生活習慣病予備群も発見します。

糖尿病の治療の流れ

  1. 01.診察
  2. 02.糖尿病の即日検査
  3. 03.検査結果の確認
  4. 04.食事療法・運動療法 または薬の処方
  5. 05.経過観察
  6. 06.インスリン療法または食事療法・運動療法・薬の処方
  7. 07.経過観察、インスリン治療継続
  8. インスリン治療卒業

インスリン療法サイクル

インスリン療法サイクル

糖尿病の治療が始まると年単位となります。
長期の治療にも変化をつけ「行き詰った状態」を回避できるよう、検査や食事療法で体質改善を行います。
検査結果を多角的にとらえ、隠れていた他の病気や、生活習慣病予備軍も発見しています。

病診連携

がん(悪性腫瘍)の
早期発見への取組み

糖尿病は特に悪性腫瘍との関連も指摘されているため、必要に応じ、さらに高度な医療機器を保有する病院(京都第二赤十字病院をはじめとする基幹病院や、京都府立医科大学病院、京都大学病院などの大学病院)と病診連携を行い、速やかに精密検査~治療につながるためにお手伝い致します。 特に京都第二赤十字病院とはオンラインでの病診連携システム(IDLINK)を先がけて導入しより緊密な病診連携を図ります。

診療時間
休診:木曜午後・土曜午後・日祝日
日祝
9:00~13:00
15:00~19:00
院長
熱田 晴彦
診療内容
内科・糖尿病内科
電話
075-353-7027
所在地
〒600-8412
京都市下京区烏丸通仏光寺上る
二帖半敷町655 産経京都烏丸ビル3F
最寄駅
地下鉄烏丸線「四条駅」5番出口に隣接
阪急京都線「烏丸駅」徒歩約3分
Page Top