• HOME
  • 院長ご挨拶
  • 診療のご案内
  • クリニック紹介
  • 診療時間・アクセス

生活習慣病

生活習慣病について

生活習慣病とは、偏った食生活や運動、喫煙、飲酒、ストレス等、日々の生活習慣を起因として進行する病気の総称です。糖尿病は、生活習慣病の代表的な病気ですが、当院ではその他の高脂血症、高尿酸血症、高血圧症、といった代謝系疾患の予防・管理につとめています。 生活習慣病は無症状な事が多く、また病気が進むと様々な合併症を引き起こします。特に心臓病、脳卒中、大動脈の病気、腎臓病などの重篤な病気のリスクが高まるので注意が必要です。 治療については、生活習慣やライフスタイルを変える事から始めますが、食事の取り方、内容、運動の種類や量、嗜好品(たばこやお酒)、睡眠時間、ストレス管理に至るまで、幅広く考えていく事で効果的に進める事ができます。

高脂血症(脂質異常症)
高脂血症(脂質異常症)
高脂血症(脂質異常症)とは、血液中にふくまれる脂質、つまりコレステロールや中性脂肪が一定の基準値より高い状態のことをいいます。血液中に脂質が多くなると動脈硬化を引き起こしやすくなり、心筋梗塞や脳卒中などの合併症のリスクが高まるので注意が必要です。 通常、食事から取り込んだ脂肪分は腸管から吸収されて、肝臓で再処理を受けたあと、血液を通して全身へ運ばれ、エネルギー源あるいは細胞を造る材料として適切に利用されます。このバランスが崩れると血液中に脂質成分が過剰に溜まり高脂血症を引き起こします。原因としては、遺伝的素因を背景に食べ過ぎや偏食、喫煙、飲酒、運動不足、肥満やストレスなどが考えられ、栄養過多の現代人に多い病気ですが、中には体型もやせ形でも食事にも気を付けていてもコレステロールの高くなる体質をお持ちの方がおられます。放置せずご受診ください。 当院ではお薬が必要か否かは精密検査をして食事療法や運動療法を指導し実践してから導入を検討しております。 合併症には脳梗塞や狭心症、心筋梗塞を代表とする動脈硬化性疾患を引き起こすことが知られてます。

高尿酸血症(痛風)
高尿酸血症(痛風)
高尿酸血症とは、尿酸の結晶が血中に溜まり、痛みが発症する病気です。痛風という名前の方が耳慣れている方も多いかもしれません。
痛風になると足の親指のつけ根などの関節に炎症を起こして、強い発作的な痛みを伴う病気です。痛む箇所は、赤く腫れ熱を伴うことが多く、風が吹くだけで痛みが走ると言われるほどです。
原因としては、お酒の飲み過ぎ、食べ過ぎ、ストレス、激しい運動などがあります。尿酸値は、プリン体という食べ物に含まれている物質を多くとると上がるため、日々の食生活なども見直す必要があります。
30代、40代男性での発症が多く、女性は痛風全体の1~2%くらいの割合で、男性に圧倒的に多い病気です。
合併症として尿路結石、腎障害、動脈硬化症、痛風結節(皮下に出現する数ミリ大のしこり)などを引き起こすことが知られています。

高血圧症
高血圧症
高血圧症は、血圧が常に高い状態のことをいいますが、高血圧は自覚症状なしで進行するケースが多く、気づかないうちに動脈硬化が進み、ある日突然、脳や心臓、腎臓などの臓器に障害を生じる危険性があるので、注意が必要です。 血圧は加齢とともに上昇するため、70歳以上の7割以上が高血圧になるとも言われています。気づいた時には手遅れにならないよう日ごろから減塩食、適度な運動、禁煙など生活習慣に十分注意する必要があります。

動脈硬化性疾患
動脈硬化性疾患
動脈硬化とは、血管にコレステロールなどがたまり血管が狭くなったり詰まったりする状態をいいます。動脈硬化が起こると、血管の先にあるさまざまな臓器に影響が起こりますが代表的な病気としては、心筋梗塞や狭心症といった心臓の病気、脳梗塞のような脳の病気、閉塞性動脈硬化症などがあります。これらの病気は、自覚症状がないまま突然発症することが多く、命の係る重篤な病気です。
当院では、これらの動脈硬化からくる疾患の前兆を知る検査を積極的に取り入れ、専門医の立場から病気の早期発見・治療及び動脈硬化の予防に努めております。

悪性疾患の早期発見のために
悪性疾患の早期発見のために
生活習慣病と共に悪性疾患にかかる方も年々増加しています。
当院では、悪性疾患の早期発見のために腹部エコーや腫瘍マーカー検査などを用いて迅速な検査を行っております。検査の結果、より精密な検査が必要な場合は、病診連携を行っている病院と連携し、スムーズな検査・治療ができるように努めております。